おうちで白髪染め

おうちで白髪染め

自分に合った白髪染めで美しい髪を

年齢と共に気になるのが白髪。
美容室に行くときれいにやってくれますが、しょっちゅうのことになるとお金も時間も大変ですよね。
自分で染めるのも大変ですが、今は色んな白髪染め製品が出て便利になっているんです。
ここでは白髪染め製品の種類をご紹介します。
白髪染めにはその染める仕組みや染め方によっていろいろなタイプのものがあります。
これからそれをタイプ別に紹介していきます。

 

ヘアカラータイプ

まずはおなじみのヘアカラータイプ。スーパーやドラッグストアに売られていますね。
これは髪の芯まで色をつけるためキレイに仕上がりますが、髪へのダメージは大きいほうです。
ただ長持ちするので、その点が魅力ですね。

 

ヘアマニキュアタイプ

次にヘアマニキュアタイプ。これは髪の表面だけに色をつけるので髪に優しいですが、
色落ちしやすいのでメンテナンスが大変です。
次にヘアマニキュアタイプ。これは髪の表面だけに色をつけるので髪に優しいですが、
色落ちしやすいのでメンテナンスが大変です。

 

泡で染めるタイプ

その他最近では泡で染めるタイプのものも発売されています。
従来のヘアカラーやヘアマニキュアだとコームなどの道具を使う必要がありましたが、
これは染める液が泡状なのでとても扱いやすく、染め残しやムラになりにくいのが特徴です。

 

シャンプータイプ

もっと気軽に白髪染めをしたい人にオススメなのが、シャンプータイプの白髪染めです。
これはその名の通り、毎日の洗髪に白髪染めシャンプーを使います。ただ髪を染めるだけでなく
髪に良い成分も含まれているので、髪をダメージから守りながら白髪染めをしてくれます。
ただこれは徐々に染めていくタイプなので、きちんと色が着くのには時間がかかります。

 

 

ご紹介したように白髪染めの他にも、トリートメントタイプやさっとひと塗りで白髪をカバーできる白髪隠しもあります。
色々な種類がありますので、ご自身の希望や髪の状態に合わせて
ぴったりのものを選ぶといいですね。

 

白髪を染めた後に気になるのが、色持ちではないでしょうか?キレイに染まったらなるべくキープしていたものです。
こちらはそんな白髪染めの疑問についての記事です。参考にしてみてくださいね。
  ↓  ↓  ↓
市販の白髪染めはすぐ色落ちしない?

 

自分でキレイに染めてキープできるようになれば、白髪のストレスから解放されるかもしれません。
誰でも手軽にできる白髪染めをマスターしてマイナス5歳を目指してみませんか?
バスタオル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ